マイホーム

住んでみて分かった良かった設備と失敗・不要だった設備をご紹介します!

ヘーベルハウスで建てたマイホームに住み始めてから約1年。

嬉しいことに以前暮らしていた賃貸マンションと比較すると、不便なことはほぼなく快適に過ごしています。

その大きな理由の一つが、取り入れた設備が良かったから。

しかし、打ち合わせの段階では便利かどうかの実感はほとんど沸かないので、他の人の家を見たり、経験談を聞いたり、ネットで検索したりして取り入れる設備を決めるしかありません。

我が家の場合は、取り入れた設備のほとんどが「取り入れて良かったな~」というものでしたが、残念なことに「これ要らなかったな・・・」なんて設備も。

ばんび
ばんび
残念ながら、設備は取り入れれば良いというものではないんです・・・

本記事は

  • どの設備が良かったか知りたい方
  • 予算上、設備を減らそうと考えている方
  • その設備が本当に必要か悩んでいる方

こんな方に読んで頂きたいです。

設備もお金がかかるので、失敗したくないですよね!

悩んでいる方は、是非我が家の取り入れて良かった設備と失敗・不要だった設備を見て下さいね!

良かった設備

良かった設備については、以下の6つです。

良かった設備
  • 電動シャッター
  • 食洗器
  • ガス衣類乾燥機+浴室乾燥機
  • 人感センサーライト
  • シューズクローク
  • 床暖房

良かった理由を1つずつ順番に説明しますね。

電動シャッター

我が家1階のリビングにのみ電動シャッターにしましたが、これが本当に楽!

取り入れて絶対損がない設備の一つと言っても過言はありません。

というのも、シャッターの開け閉めは音もうるさいし、力も必要。

おまけに毎日朝夜それをしなければならないので、結構面倒です。

また我が家は共働きのため、将来的に子供がある程度大きくなったら一人でお留守番する可能性が高いため、子供が一人で簡単にシャッターが閉められるという点もポイントが高いです。

ばんび
ばんび
2階は手動シャッターにしてしまったことを、逆に後悔しています・・・

食洗器

3種の神器の一つでもある食洗器。

注文住宅はもちろんのこと、建売でもマンションでもかなりの確率で取り入れられていますよね。

我が家はビルトインタイプの食洗器にしました。

以前は朝も10分くらいかけてお弁当作りの調理器具や食器を洗わなければならずバタバタしがちでしたし、夜もお皿や調理器具を洗うのに20分以上かかっていました。

しかし、食洗器を導入したことで毎日朝・夜合計で30分の時短!!

ということで、こちらも導入して後悔のない設備の一つです。

食洗器があるおかげで子供とのコミュニケーションの時間が増えました。

ガス衣類乾燥機+浴室乾燥機

よくネットで「ドラム式にするか?」「ガス衣類乾燥機にするか?」という論争がありますが、私は断然ガス衣類乾燥機がオススメです。

とにかく、早い・仕上がりも最高。

朝洗濯機を回して(40分くらい)、出勤前には乾きます(40分くらい)。

ドラム型洗濯機は洗濯→乾燥がボタン一つで出来るのが良いところですが、乾燥にかなり時間がかかるためその間に次の洗濯が出来ないのがネック。

土日にまとめて洗濯することが多い我が家には、ガス衣類乾燥機+浴室乾燥機が最高の組み合わせでした。

人感センサーライト

玄関からリビングまでの廊下を、人感センサーにしました。

暗くなって帰宅し、おまけに手荷物を持っているなんて時にはかなり助かっています。

特に子供がいると真っ暗の中移動というわけにもいかないし、消し忘れにもなって便利だなと感じています。

ばんび
ばんび
トイレも人感にした方が良かったかな?と思っているところです

シューズクローク

暮らしてみて分かったのですが、意外に玄関先に置くものって多いですよね。

傘立て、子供の乗り物、生協のケース、ベビーカー等・・・これらが玄関先に見えていると、一気に散らかって見えてしまいます。

綺麗に見せたいなら、絶対にシューズクロークがオススメです。

我が家もいざ建ててみると意外にシューズクロークに置くものが多く、想像よりいっぱいになってきているのでこちらも取り入れて良かったなと感じています。

床暖房

あまり珍しくない設備ですが、床暖房も取り入れて良かったです。

私は人生で初めての床暖房ですが、やはり床が暖かいと全体的に暖かいと感じるので快適に冬を過ごせました。

エアコンだと乾燥するし、ヒーター系は子供がいて危ないので、子供がいる家庭は特に導入した方が良い設備かもしれません。

失敗・不要だった設備

失敗・不要だった設備については、以下の4つです。

失敗・不要だった設備
  • タッチキー式玄関扉
  • スキップフロア
  • 和室
  • 家族クローゼット

タッチキー式玄関扉

子供が将来的に一人で帰宅するようになった時、楽に開け閉め出来るようにとしたつもりが・・・大誤算でした。

まず、鍵が電池式なこと。

ずっと電源を入れっぱなしにしていると、電池を消耗してしまうため外出後は電源を切ることを推奨されました。

そして電池交換はネジを外さないといけないので、とても面倒。

更に鍵の電源のオンオフは5秒押しなので、電源を切った後で「忘れ物!」なんて戻るときにはまた電源を入れるところから・・・。

次に面倒なのは、電源を切らないまま玄関近くに鍵を置いておくと、延々と「ピピッ・・・ピピッ・・・・」と鳴り続けます。

ばんび
ばんび
玄関扉は毎日使うので、地味にストレスが溜まります・・・

子供はおろか、遊びに来た両親やシッターさんにも教えづらく本当に後悔しています。

スキップフロア

ヘーベルハウスのモデルルームや、ネットで間取りを検索すると多く見かけるものの一つがスキップフロアです。

扉がなくても部屋が仕切ることが出来るので、圧迫感を感じることなく、1.5階といった空間を有効に使うことが出来ます。

我が家も決して広くなく、収納スペースも限られていたので検討はしましたが・・・しかし、ルンバをフル稼働させたい我が家にとっては「段差」や「階段」は大敵でした。

そのため、すぐに却下に。

最終的にワンフロアフルフラットの家となりましたが、一度で1階の全エリアにルンバがかけられるのでとっても快適です!

ばんび
ばんび
ルンバを利用している方は、出来るだけ段差が少ない方が楽ですよ~

和室

間取りの提案をされた第1案では、和室が設けられていました。

その時の間取りがこちら。

最近はリビングのうちの数畳を和室にする方も多く見られましたし、我が家も子供のお昼寝用や両親の宿泊用ということで導入を検討しましたが・・・。

住み始めて1年経ち、改めて導入しなくて良かったと感じています。

我が家の場合子供の昼寝と言っても平日は保育園なので、週2回程度。

両親の宿泊も年に数回という環境だったので、果たして和室の利用頻度はそこまであるのか?というとありませんでした。

また和室になると掃除もフローリングに比べると大変ですし、特に食べこぼしや子供の粗相があった時を考えるとやはりなくて良かったなと感じています。

必要な設備の見極め方

必要な設備は、各家庭によって違います。

例えば、我が家は鎌倉という海沿いに住んでいるため洗濯物を干すと潮風でしっとり、臭いもする時があってあまり外には干せません。

そのためガス衣類乾燥機や浴室乾燥機が必須ですが、住む場所によってはそこまでの設備は必要ないかもしれません。

逆に我が家は和室は必要ありませんでしたが、家族が多い・またはこの先も家族が増える予定がある方はあった方が便利な可能性が高いです。

ポイントは

  • どんなライフスタイルか?(例:共働き、1日の過ごし方、家事の進め方等)
  • どういった点を改善したいか?(例:家事をもっと楽にしたい、来客が多いのでスムーズに対応したい等)
  • 設備のメンテナンスに対応出来るか?

上記3点です。

家族のライフスタイルや、何を改善したいかによって必要な設備が大きく変わってきます。

我が家は共働き、そして家事をスムーズに進めたい、子供が将来的にお留守番出来る家という希望で色んな設備を取り入れました。

予算や家の広さにも限りがあるため、上記の3点を意識しながら進めると必要な設備が絞ることが出来ます。

良かった設備と失敗・不要だった設備のまとめ

我が家ではこのような結果になりました。

良かった設備
  • 電動シャッター
  • 食洗器
  • ガス衣類乾燥機+浴室乾燥機
  • 人感センサーライト
  • シューズクローク
  • 床暖房
失敗・不要だった設備
  • タッチキー式玄関扉
  • スキップフロア
  • 和室
  • 家族クローゼット

これから家の購入を考えている方は、是非参考にしてくださいね。

ばんび
ばんび
マイホームは夢が広がりますよね!注文住宅を購入するかお悩みの方は、まずはコチラでハウスメーカーを比較しましょう!

注文住宅を購入すると決めたら・・・

理想の注文住宅を建てるには、まず大事なのは「ハウスメーカー」です。

ハウスメーカーで建つ家が決まると言っても過言ではありません。

大事なのは、色んなハウスメーカーを自分の目で見て、比較して、納得した上で家を建てる事。

それが簡単に出来るのが、注文住宅専用の資料一括請求です。

無料で見積もりやプランの提案まで受けられるので、注文住宅を建てる!と決めた方は資料請求から始めてみるのがオススメです。

資料請求してみる