育児

病児保育「ル・アンジェ」を利用してみた感想。口コミや利用料金について。

ママA
ママA
この日は絶対休めない!という時に子供が急な病気になる・・・
ママB
ママB
子供が病気になると、いつも仕事を休むのは私・・・

共働きで一番困るのが、子供が急な病気になった時や病気の流行や気候のせいで休校・休園になってしまった時ですよね。

そしてそれは、何故か「この日は絶対休めない!」という時に限って起こってしまうことが多いです。

ばんび
ばんび
こんにちは。Bambi(@bmb_ksdt_blog)です。

我が家は夫も多忙、近くに子供を預かってくれる両親もいないため「ルアンジェ」という病児シッターサービスに登録し、子供が病気になってしまった時は時々シッターさんに依頼しています。

最初は「自宅に全く知らない他人を招き入れること」や「病気の子供を他人に預ける」ということに対して不安や後ろめたさもありました。

しかし、結論から申し上げると、ルアンジェの病児シッターサービスに登録しておいて本当に助かっています。

本記事は

  • 病児保育がどんなサービスか知りたい
  • 子供が病気がちで有給休暇が足りなくなってきている
  • 病気の時、仕事を休まないといけないのが辛い

こんな方に読んで頂きたいです。

ルアンジェの病児保育とは?概要ついて

保育所に通園している子どもが病気になったとき、仕事を休めない親に変わり病気の子どもの世話をするという意味で使われる。

今は共働き・核家族の家庭も増えたことから、様々な形態の病児保育サービスがあり、大きく分けると施設で預ける「施設型」と自宅にシッターが訪問する「訪問型」に分けられます。

ルアンジェは、自宅にシッターさんが来てくれる「訪問型」の病児保育サービスです。

ルアンジェの病児保育の概要はこのようになっています。

対応時間 平日 8:00~20:00
※祝日、弊社営業日は対象外
受付時間 前日受付 14:00~20:00まで
当日受付 7:00~10:00まで
対象のお子様年齢 生後5日以降のお子様~小学校6年生まで
予約方法 オンライン
利用料金 <9:00〜21:00>2,500円/時間
<21:00〜9:00>3,000円/時間
ばんび
ばんび
病児保育室等と比較すると、共働きの家庭に配慮した時間帯・システムでとても使いやすいです。

ルアンジェの病児保育 選んだ5つのポイント

では、様々な病児保育のサービスの中で、我が家がルアンジェを選ぶ理由にもなった「5つのポイント」をご紹介します。

5つのポイント
  • 当日10時までの依頼に100%対応
  • 事前の受診必要なし
  • シッター指名可能(無料)
  • 訪問型病児保育
  • 通院代行可能

1つ1つ順番に説明しますね。

当日10時までの依頼に100%対応

ルアンジェの病児保育は、朝10:00までに依頼すれば100%シッターさんが来てくれるという保証があります。

育児サービスは「本当に預かってもらえるか分からない」というのが予定も立てられず、一番困りますよね。

例えば朝検温して熱があった場合にも、10:00までに依頼すれば100%対応という保証=絶対に預けられると分かっているので、時間や予定の目途も立てやすく、仕事との調整がしやすくなります。

事前の受診必要なし

他の病児保育サービスだと、病児保育を受ける前に必ず病院を受診しないといけないところもあります。

我が家の近くでも病児保育室があるのですが、こちらは事前の受診や診断用紙が必ず必要です。

なので「預ける」と言ってもまずは受診から、そして翌日空いているかの保証はありませんので、それだと決して使いやすくはないですよね。

しかし、ルアンジェは事前の受診が必須ではありませんので、予約後すぐに預けることが可能です。

シッター指名可能(無料)

ルアンジェのシッターさんは各家庭ごとに固定化されておらず、その時訪問可能なシッターさんが来てくれるシステムになっています。

そのため、都度予約の際にはシッターを指名することが出来ます。

我が家では、あまり知らない人が家を頻繁に出入りして欲しくないということと、子供が安心して過ごせるように出来るだけ同じシッターさんにお願いしています。

ばんび
ばんび
なので、指名料がかからないのはとても嬉しいです!

訪問型病児保育

我が家の近所にも、施設型の病児保育施設がいくつかあります。

しかし、預かり開始時間は遅めで、初めて行く場所なので食事・衣類・オムツ等用意するものもとても多く、預けるのにとてもハードルが高い!

その点訪問型にすると、自宅で保育をしてもらえるので子供も安心出来ますし、食事・衣類・オムツも全て自宅にあるので持っていく必要がありません。(1ヶ所にまとめなくても、大体の場所を伝えればOKです)

また、施設の場合他の病気にかかっている子も一緒に保育されるので、感染のリスクもあります。

感染を出来るだけ避けるといった点では、訪問型の病児保育は我が家にとっては肉体的にも精神的にもとても合っていたと思います。

通院代行可能

我が家の場合、通院は基本的に私達が行い、そしてその結果をシッターさんに伝えて預けるようにしてきました。

しかし、病院の予約がどうしても取れない時、薬がなく翌朝すぐに貰ってきて欲しい時などは通院代行もお願いしています。

ばんび
ばんび
本当は避けたいのですが・・・仕事や看病で疲れていて、夫の手助けもない時、通院してくれるのはとても助かりました。

ルアンジェの病児保育 予約から預かりまでの流れ

ルアンジェの病児保育の予約から預かりまでの流れはこのようになっています。

予約から預かりまでの流れ
  1. オンライン予約
  2. 予約完了メールが届く
  3. シッター来訪
  4. 子供の様子や家の中を説明
  5. レポート受け取り

オンライン予約

※ルアンジェの会員登録をしている前提です

まずは、オンラインで予約を取ります。

ばんび
ばんび
電話でも可能ですが、オンラインでも事務局の対応はとても早く迅速でした!

会員サイト「エンジェル」があるので、そちらにログインします。

会員サイト「エンジェル」で、利用日時や保育内容を入力し、送信。

ばんび
ばんび
この時、シッターさんの希望があればそちらも記入します。

もし希望のシッターさんが来られない場合は、事務局からこの段階でその旨の連絡があります。

予約完了メールが届く

予約が完了すると、予約確定のメールが届きます。

事務局とのやりとりは電話でも可能ですが、会員サイト「エンジェル」内にメール(メッセージ)機能があるため、そちらでやりとりが行われます。

シッター訪問

予約日時に、シッターさんが自宅に来ます。

大体予約時刻の10~15分前には来てくれるので、予約時間に保育スタートが可能です。

しかし、まれに電車遅延等で遅れる可能性もあるので予約時間は若干余裕を持たせる方がオススメです。

子供の様子や家の中を説明

シッターさんが家に到着したら、子供の様子や家の中の様子・注意事項について説明をします。

例えばですが

  • 具体的な症状(いつから・どんな)
  • 投薬説明
  • 用意した食事
  • 家の中の場所説明(オムツのゴミ箱、寝かせる場所等)
  • 入室禁止等のお願い

このような感じで、シッターさんに伝達します。

シッターさんはプロの方なので、事細かに説明しなくても大体察し、その時々で対応してくれます。

レポート受け取り

帰宅すると、シッターさんがレポートをくれます。

食事、熱、排便・排尿、子供の機嫌や様子を事細かく書いてくれます。

ルアンジェの病児保育 利用料金

ルアンジェの病児保育を利用した際の1ヶ月の利用料金はこのようになりました。

■月1回(9:00~18:00)利用した場合(前月の病児保育は1回だった場合)

病児保育・月額料金 8,000円
利用料金 2,500×8=20,000円
シッター交通費 1,140円
29,140円

正直、高いです。

私は時短勤務ですが、移動時間や渋滞・遅延など少し余裕を持って依頼しないといけません。

また、ルアンジェの病児保育は通常のシッティングと違って、100%保障があるためシッターさんを待機させています。

そのため、毎月その固定額を払わないといけません。

ばんび
ばんび
自分の給与と比較すると、何のために働いてるんだろう?と思う時もありますが・・・

ただし、この料金を安いか?高いか?と思うかは人それぞれでないかなと感じます。

ルアンジェの病児保育 シッターとのトラブル

いつも気持ちよく利用させて頂いているルアンジェの病児保育ですが、一度だけシッターさんとのトラブルがありました。

病児シッター・Aさんとのトラブル

Aさんは、以前通常のシッターとして来て頂いたことがあり、我が家に来るのは2回目の方でした。

年齢は50歳くらいで、どこにでもいそうなごくごく普通の女性。

詳細を書くと長くなってしまうため、箇条書きで書くと

  • 自宅に到着してから、私用の電話に出る(2回)
  • 「これはここに捨てて」といったお願いが全然出来ていない
  • 子供が40℃の熱を出してパニックになり「救急車を呼びますか?」と連絡
  • 帰宅後の報告がない
  • レポートがとても雑
  • 子供用ではない食材を間違えて開封→その後報告なし

細かなことを書くと書ききれませんが、他の方とは比較にならないくらいシッターとしての(厳しく言うと社会人としての)レベルが低い方でした。

返事はとても良く、私が子供の様子や食事・家の中の注意事項等を伝えると「はい!」と返事をされていたのがすごく印象的でした。

他のシッターさんはそのようなことはなく、夫と色々相談した結果クレームを入れることはせず以後、この方以外でシッターを依頼するようにしています。

ばんび
ばんび
自分や子供と相性の良いシッターさんを見つけるのも、快適に活用するポイントの一つです!

ルアンジェの病児保育 利用してみた感想

最後に、ルアンジェの病児保育を利用してみた感想についてまとめます。

  • ルアンジェの病児保育は、訪問型
  • 共働きには使いやすい時間帯・システム
  • ただし、かなり高額である
  • 合わないシッターさんもいるのは覚悟しなければならない

1名だけ合わないなと感じたシッターさんはいらっしゃいましたが、共働きで子供を預ける人がいない私達にとって、ルアンジェのサービスは心のよりどころでした。

我が家は、病児保育を利用することによって「どちらが休むか?」といった夫婦の喧嘩も減りました。

また、突然病気になったらどうしようという不安もなくなりました。

それくらい「いざとなったらお願いすることが出来る」といった頼りになる場所があるというのは大事だなと実感しています。

今回はルアンジェをご紹介しましたが、他にも気軽に利用出来るシッターサービスはたくさんあります!

共働きのパパママには難しい、家事代行、送迎、習い事など対応してくれます。

いざという時のために、会員登録だけでもしてみてくださいね!

\病児・病後も対応可!【ピックシッター】/
ピックシッターの公式HPをチェックする